新しいコミュニケーションの形

昔は高級品だったパソコンも価格が下がり、最近では自宅にパソコンがないという家も珍しくなってきました。

ある意味、生活する上での必須ツールという位置付けでも良いのではないかと思う程です。

更にここ数年で爆発的に流行したスマートフォンのおかげで、友人や知人同士連絡を取り合う手段は電話からインターネットへシフトしつつあります。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスのようなシステムを使って交流を図る人もいれば、単純にメールのやりとりをする人もいます。

どちらにしても、電話や直接訪問と違って、いつ送っても受け手は自分の都合の良い時に閲覧することができるので、迷惑かどうかを考えずに連絡を取ることができます。

仕事中に電話はできないけども、いつ終わるかわからずになかなか連絡を取ることができないという問題も、メールひとつで解決できます。
デモ、ここでもマナーマナーのオンパレードで、正直、鬱陶しいですね。

ビジネスメールの書き方講座なんて、受講する側にとってはなんのメリットも無いですよ。
まわりくどい言い方を考えていたら、今のビジネスのスピード感覚に乗り遅れますからね、間違いなく。
簡潔に完結することが、ビジネスメールでの最大のメリットとしなければなりません。

マナー講師は儲かって仕方がないかもしれませんけどね。
そのマナー講師を選ぶ際には、実際に企業でどのボジションで働いていたかが重要でしょう。

»