年賀状

子どもが生まれると決まって年賀状作成作業が忙しくなる。
もともとがいろいろと凝ってしまう性質なので、勝手に自分で「やらなければならない」と追い込んでいるだけなのだが。

最近の風潮はメールやSNSで送る年賀状が主流だったので、結婚報告を兼ねて出席者以外にきちんとした年賀状を送った以来、毎年数枚程度の作成で済んでいたのだが、出産報告を兼ねると、それはもう膨大な枚数になるのである。

業者に頼めばいいのだが、そこは私の悪い性格で、オリジナリティを求めてしまうこだわりを発揮してしまい、PCの無料ソフトでせっせと作成を頑張った。
フォーマルver.から友人向けのくだけたものまで、計4種類もかなりこったデザインで作成した。

迷ったのが、宛名書きだ。
手書きとなると、育児をしながらのかなり無謀な挑戦になるのだが、PC印刷だと味気なくて、結局頑張ることにしてしまった。

とんだ力仕事並みの年末行事になってしまった。
果たして、この年賀状への作成の労働対価は、結果として見合うものになるのだろうか。
ネットで簡単に手配した方が、もしかするとコストパフォーマンスは上なのかも知れない。

ハンドメイドが見直されていると言うが、何でもがハンドメイドが良いというのではない。
そこは、効率というか、時間や仕上がりやコストなどとのトレードオフだろう。
トレードオフを常に考えている人は、あまりいそうにないが。

食肉卸
主要行事に食肉卸メニュー
個人向けのメニューは家族の重要なイベント等で喜ばれる内容
meat-kimura.co.jp/

«
»