情報交換の場

子どもの乳児湿疹がなかなか良くならない為、血液検査をすると食物アレルギーという事が判明しました。
遺伝的には心当たりはないのですが、いろいろ考えても仕方がないので、食生活に気を付けることにしました。

テレビ番組の特集にもなるほど、アレルギー体質の子が増えているようですが、引っ越してきたばかりで、周りに食物アレルギーを持った子がおらず途方に暮れておりました。

そんな折、SNSのコミュニティで食物アレルギー児の母の会があることを知りました。
アレルギー対応食品や、対応してくれるお店の情報を交換したり、悩みを打ち明けたり、同じ境遇の人たちがこんなにもいるんだと希望が持てました。

乳幼児の食物アレルギーは、成長とともに食べられるようになってくることが多いので、食べられる様になりましたというコメントをみると、羨ましくもあり顔を知らない誰かでも、嬉しくなります。

ご近所では、仲間がみつからない事でも日本全国で探すと、仲間がたくさんいます。
ソーシャルネットワークの強みは、何よりも情報共有と共感です。
それと同じ経験者でありながら、その経験値も様々で、いろいろと新しい知識や考え方が得られることが大きいですね。

仲間意識を昔は、鬱陶しく思っていましたが、付かず離れずのソーシャルネットワークに心地よさを感じる毎日です。
強引に群れる必要もありませんしね。

»